会話処理装置、会話処理システム、会話処理方法及びプログラム

開放特許情報番号
L2020000128
開放特許情報登録日
2020/1/21
最新更新日
2020/1/21

基本情報

出願番号 特願2018-072745
出願日 2018/4/4
出願人 学校法人明治大学
公開番号 特開2019-185230
公開日 2019/10/24
発明の名称 会話処理装置、会話処理システム、会話処理方法及びプログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 会話処理装置、会話処理システム、会話処理方法及びプログラム
目的 ユーザを尊重すると共にユーザの気持ちに寄り添いつつ会話を継続し、ユーザの内面を引き出すことによって、ユーザ自身がストレス・寂しさ・不安を解消しながら、ユーザが抱える悩みや課題の自発的な解決に導くことができる会話処理装置、会話処理システム、会話処理方法及びプログラムを提供する。
効果 ユーザを尊重すると共にユーザの気持ちに寄り添いつつ会話を継続し、ユーザの内面を引き出すことによって、ユーザのストレス・寂しさ・不安を解消しながら、ユーザが抱える悩みや課題の自発的な解決に導くことができる。
技術概要
ユーザの発言に含まれる自然言語要素の少なくとも一部を入力文とし、
前記入力文の語尾に前記発言内容の確認を促進する確認促進用応答文が接続された確認促進用応答文付き入力文、前記発言に対する共感を示す共感用応答文、及び、前記ユーザとの会話内容を具体化する会話内容具体化用応答文のいずれか一以上を含む応答文に基づいて出力応答文を作成する出力応答文作成部を備えることを特徴とする会話処理装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 明治大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT