VAVファミリーに属する癌原遺伝子タンパク質のリン酸化で同定される腫瘍の治療剤

開放特許情報番号
L2020000123
開放特許情報登録日
2020/1/21
最新更新日
2020/1/21

基本情報

出願番号 特願2018-548960
出願日 2017/10/19
出願人 国立大学法人 筑波大学
公開番号 WO2018/084053
公開日 2018/5/11
発明の名称 VAVファミリーに属する癌原遺伝子タンパク質のリン酸化で同定される腫瘍の治療剤
技術分野 食品・バイオ、情報・通信
機能 材料・素材の製造
適用製品 VAVファミリーに属する癌原遺伝子タンパク質のリン酸化で同定される腫瘍の治療剤や、ダサチニブ等についての投与対象とする患者における有効性を検査する方法
目的 希少疾患である血管免疫芽球性T細胞リンパ腫(AITL)を含む各種腫瘍の治療剤等を提供する。
効果 VAVファミリーに属する癌原遺伝子タンパク質のリン酸化で同定される腫瘍の治療に有用な医薬製剤・医薬組成物、該腫瘍の治療に有用な方法、及び該腫瘍の治療用キット等を提供することができる。
技術概要
VAVファミリーに属する癌原遺伝子タンパク質のリン酸化で同定される腫瘍の治療剤であって、
ダサチニブ、若しくはそのプロドラッグ、又はそれらの薬理学的に許容し得る塩、あるいはそれらの水和物若しくは溶媒和物を有効成分として含む、
前記治療剤。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT