信号処理装置

開放特許情報番号
L2020000122
開放特許情報登録日
2020/1/21
最新更新日
2020/1/21

基本情報

出願番号 特願2017-131440
出願日 2017/7/4
出願人 国立大学法人 筑波大学
公開番号 特開2018-098761
公開日 2018/6/21
発明の名称 信号処理装置
技術分野 電気・電子、食品・バイオ
機能 機械・部品の製造
適用製品 信号処理装置
目的 センサから出力される信号に基づいて機器を操作することができる信号処理装置を提供する。
効果 センサから出力される信号に基づいて機器を操作することができる信号処理装置を提供することができる。
技術概要
外耳道内の空気と外部の空気との換気を抑制する耳栓部によって換気が抑制された外耳道内の気圧変化を検出する検出部によって検出された外耳道内の気圧変化と、予め記憶されている気圧変化のパターンとを比較することにより前記気圧変化がいずれのパターンに適合するかを判定する気圧変化判定部と、
前記気圧変化判定部が判定する前記パターンに応じた処理を実行する処理実行部と
を備える信号処理装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT