光偏向デバイス、及びライダー装置

開放特許情報番号
L2020000109
開放特許情報登録日
2020/1/20
最新更新日
2020/1/20

基本情報

出願番号 特願2018-556548
出願日 2017/11/30
出願人 国立大学法人横浜国立大学
公開番号 WO2018/110284
公開日 2018/6/21
発明の名称 光偏向デバイス、及びライダー装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 光の進行方向を制御する光偏向デバイス、および光偏向デバイスを備えたライダー装置
目的 一つの構成要素で構成する。また、形成が容易な構成によって強度分布(振幅分布)の調整を可能とする。
効果 並列動作を簡易な構成で実現し、システムの大型化ないし複雑化を回避することができる。
技術概要
フォトニック結晶の面内に形成された2種類の異なる直径の円孔の周期構造からなる導波路を備えた光偏向デバイスであって、
前記周期構造は、前記円孔の直径が前記導波路に沿って互いに相補的に増減する二重周期構造であることを特徴とする光偏向デバイス。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT