ブリッジ及び送信装置、並びに情報システム

開放特許情報番号
L2020000089
開放特許情報登録日
2020/2/3
最新更新日
2020/2/3

基本情報

出願番号 特願2006-529181
出願日 2005/7/15
出願人 パイオニア株式会社
公開番号 WO2006/009109
公開日 2006/1/26
登録番号 特許第4297378号
特許権者 オンキヨー株式会社
発明の名称 ブリッジ及び送信装置、並びに情報システム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 ネットワークに適用されるブリッジ及び送信装置
目的 コネクションが確立された状態で使用帯域を更新することが可能なブリッジ及び送信装置、並びに情報システムを提供する。
効果 IEEE1394に準拠するネットワークに適用されるブリッジ及び送信装置、並びに、該ブリッジを備えたネットワークを含んで構成される情報システムに利用可能である。
技術概要
ネットワークにおける中継用のノードとして機能するブリッジであって、
前記ネットワークの一部をなす第1通信路に接続されており該第1通信路を介して情報を送受信する第1ポータルと、
前記ネットワークの他部をなす第2通信路に接続されており該第2通信路を介して情報を送受信する第2ポータルと、
を備えており、
前記第1及び第2ポータルは、相互に前記受信された情報を転送可能であり、
当該ブリッジを含む前記ネットワーク上でコネクションが既に確立されている場合において、前記第1及び第2ポータルの一方が、前記第1及び第2通信路の一方の使用環境を監視し、前記第1及び第2の一方の使用環境が更新されたことを検知した場合、前記第1及び第2ポータルの一方は、前記情報の一つであって前記コネクションの使用環境を更新するための環境更新情報を生成して前記第1及び第2ポータルの他方へ送出し、該前記第1及び第2ポータルの他方は、前記送出された環境更新情報に応じて前記第1及び第2通信路の他方の使用環境を更新する
ことを特徴とするブリッジ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 オンキヨー株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT