抗真菌剤のスクリーニング方法

開放特許情報番号
L2020000050
開放特許情報登録日
2020/1/15
最新更新日
2020/1/15

基本情報

出願番号 特願2017-183494
出願日 2017/9/25
出願人 学校法人幾徳学園
公開番号 特開2019-058081
公開日 2019/4/18
発明の名称 抗真菌剤のスクリーニング方法
技術分野 食品・バイオ
機能 検査・検出
適用製品 抗真菌剤のスクリーニング方法
目的 新たな作用機序に基づく抗真菌薬を見出すためのスクリーニング方法の提供。
効果 真菌の先端成長を阻害することができる薬剤を簡易な操作で見出すことができる。
技術概要
対象真菌に対する抗真菌剤のスクリーニング方法であって、
(A)蛍光タンパク質が結合したβグルカナーゼをコードする遺伝子で対象真菌を形質転換し、
(B)形質転換された対象真菌及び被験薬剤を共存させて前記対象真菌を培養し、
(C)培養後の対象真菌の細胞内における前記βグルカナーゼの局在の程度を蛍光測定によって観測し、
(D)観測された前記局在の程度が低いことを以って被験薬剤が対象真菌に対して抗真菌作用を発揮していると評価する、
前記スクリーニング方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 神奈川工科大学

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT