多能性幹細胞の神経幹細胞への分化用培地及びその使用

開放特許情報番号
L2020000040
開放特許情報登録日
2020/1/15
最新更新日
2020/1/15

基本情報

出願番号 特願2018-500117
出願日 2017/2/14
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 WO2017/141900
公開日 2017/8/24
発明の名称 多能性幹細胞の神経幹細胞への分化用培地及びその使用
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 多能性幹細胞の神経幹細胞への分化用培地及びその使用
目的 多能性幹細胞の株間における誘導効率のばらつきを解消し、多能性幹細胞を胚様体を介することなく短期間で効率よく神経幹細胞に分化誘導させる技術を提供する。血球由来多能性幹細胞からも、胚様体を介することなく短期間で効率よく神経幹細胞に分化誘導させる技術を提供する。
効果 多能性幹細胞を胚様体を介することなく、したがって簡便に効率よく短期間に神経幹細胞に分化誘導させる技術を提供することができる。
技術概要
多能性幹細胞の由来に関わらず、前記多能性幹細胞の株間又はクローン間のばらつきを解消し、胚様体を形成させずに多能性幹細胞を均一に神経幹細胞に分化させる方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT