経頭蓋電気刺激用電極

開放特許情報番号
L2020000024
開放特許情報登録日
2020/1/13
最新更新日
2020/1/13

基本情報

出願番号 特願2017-076782
出願日 2017/4/7
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2018-175161
公開日 2018/11/15
発明の名称 経頭蓋電気刺激用電極
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 経頭蓋電気刺激用電極
目的 電流量を低減し、脳表を効率よく刺激して精度の高い運動誘発電位検査を行うことができる経頭蓋電気刺激用電極を提供する。
効果 電極針の長さ寸法を大きく形成し、穿刺量を深く(頭蓋に達する深さに)して脳の表面により強い電場を生成する。更に電極針の先端部以外を絶縁することによって、脳表により電場を集中することができる。
技術概要
リード線と、該リード線に接続された螺旋状の電極針と、該電極針の基端側を把持可能に覆う電極ホルダとを備え、
前記電極ホルダは、頭皮表面に当接可能となる当接面を備え、
前記電極針は、前記電極ホルダの前記当接面から露出する先端鋭利な穿刺部を備え、
前記穿刺部は、外表面に電気的絶縁層が設けられた絶縁部と、鋭利な先端から前記絶縁部にかけて導電性が維持された先端導電部とを備え、
前記電極ホルダの当接面から露出する前記穿刺部の穿刺深さ寸法は、頭皮表面から頭蓋骨に至る長さ寸法に対応することを特徴とする経頭蓋電気刺激用電極。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT