センサユニット及びセンサ素子の製造方法

開放特許情報番号
L2020000022
開放特許情報登録日
2020/1/13
最新更新日
2020/1/13

基本情報

出願番号 特願2017-097222
出願日 2017/5/16
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2018-194387
公開日 2018/12/6
発明の名称 センサユニット及びセンサ素子の製造方法
技術分野 情報・通信
機能 材料・素材の製造
適用製品 センサユニット及びセンサ素子の製造方法
目的 材料コストの低減が可能なセンサユニットを提供する。
効果 導電性物質の使用量を抑制して、材料コストを低減することが可能なセンサユニット及びセンサ素子の製造方法を提供することができる。
技術概要
外力によって変形可能な多孔質構造体、及び前記多孔質構造体の一部の領域の空隙にのみ付着した導電性物質を有するセンサ素子と、
前記センサ素子の抵抗値を検出する抵抗値検出部と、
前記抵抗値検出部で検出した抵抗値に基づき、前記センサ素子の状態を判定する素子状態判定部と、を備えることを特徴とするセンサユニット。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT