精巣型カルニチントランスポーターとその遺伝子

開放特許情報番号
L2020000015
開放特許情報登録日
2020/1/31
最新更新日
2020/1/31

基本情報

出願番号 特願2003-500253
出願日 2002/5/27
出願人 株式会社ヒューマンセルシステムズ
公開番号 WO2002/097088
公開日 2002/12/5
登録番号 特許第4231778号
特許権者 ジェイファーマ株式会社
発明の名称 精巣型カルニチントランスポーターとその遺伝子
技術分野 食品・バイオ、有機材料
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 精巣及び精巣上体におけるカルニチン及びその類似物質のナトリウム依存的な輸送に関与する遺伝子と、その遺伝子がコードするポリペプチド
目的 精巣及び精巣上体におけるカルニチン輸送に関与する新規なカルニチントランスポーター遺伝子及びその遺伝子がコードするポリペプチドであるカルニチントランスポーターを同定し、提供する。
効果 カルニチンは精子の運動能及び受精能に必須なエネルギー産生に必須の因子であり、当該トランスポーターの発明は将来特発性男性不妊症の病因解明に寄与するものと考えられる。さらに、当該トランスポーターの発現を変調する制御因子を解明することにより、カルニチン輸送能を変調させる方法、精子受精能を変調させる方法の開発に利用できる。
技術概要
配列番号1に記載されたアミノ酸配列又は該アミノ酸配列において1若しくは数個のアミノ酸が欠失、置換若しくは付加されたアミノ酸配列からなり、カルニチンを輸送する能力を有するタンパク質を用いて、該タンパク質の有するナトリウム依存的にカルニチンを輸送する能力に対する被検物質の基質としての作用を検出する方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT