強力な尿酸トランスポーター阻害剤の開発:それらの尿酸排泄効果のために設計された化合物

開放特許情報番号
L2020000012
開放特許情報登録日
2020/1/31
最新更新日
2020/1/31

基本情報

出願番号 特願2013-532932
出願日 2011/10/6
出願人 ジェイファーマ株式会社
公開番号 WO2012/048058
公開日 2012/4/12
登録番号 特許第5844376号
特許権者 ジェイファーマ株式会社
発明の名称 強力な尿酸トランスポーター阻害剤の開発:それらの尿酸排泄効果のために設計された化合物
技術分野 有機材料、食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 少なくとも1種の化合物、薬学的に許容される塩又はそのエステル、その溶媒和物、そのキレート、その非共有結合錯体、そのプロドラッグ、又は重水素化若しくは放射標識類似体、及びこれらの任意の混合物
目的 化合物、薬学的及び/又は皮膚科的な担体を含む組成物の有効量を投与することを含む症状を治療する。
効果 通常の混合、造粒、又はコーティングの方法で作られる生成物で、活性成分を0.01〜90質量%含有する組成物を含む。得られた生成物(製剤)は、単位剤形で提供することができ、薬学分野で周知の方法によって調製することができる。全ての方法論は、1つ又は複数の担体から成る構成成分と、活性体とでつくられる。したがって、組成物(製剤)液体担体又は微粉固体担体及び/又は両方と活性成分を配合し、その後、必要に応じて、生成物を好ましい製剤に調製される。
技術概要
一般式III:
【化3】
{式中、A〜Iは、炭素であり;X=Oであり;R↓2は、C↓1〜C↓4アルキルであり;R↓3〜↓11は、相互に独立して、−H、C↓1〜C↓6アルキル、C↓6〜C↓14アリール、置換されたC↓6〜C↓14アリール、C↓1〜C↓14アルコキシ、ハロゲン、ヒドロキシル、カルボキシ、シアノ、C↓1〜C↓6アルカノイルオキシ、C↓1〜C↓6アルキルチオ、C↓1〜C↓6アルキルスルホニル、トリフルオロメチル、ヒドロキシ、C↓2〜C↓6アルコキシカルボニル、C↓2〜C↓6アルカノイルアミノ、−O−R↓12、S−R↓12、−SO↓2−R↓12、−NHSO↓2R↓12及び−NHCO↓2R↓12であり(但し、R↓4又はR↓5は、フッ素である)、ここで、R↓12は、フェニル、ナフチル、又は、C↓1〜C↓6アルキル、C↓6〜C↓10アリール、C↓1〜C↓6アルコキシ及びハロゲンから選択される1〜3個の基で置換されたフェニル若しくはナフチル、C↓4〜C↓20ヒドロキシヘテロアリール(該ヘテロ原子は、硫黄、窒素及び酸素から選択されるものである)から選択される}で表される化合物又は薬学的に許容される塩。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT