画像処理システム、評価モデル構築方法、画像処理方法及びプログラム

開放特許情報番号
L2019002378
開放特許情報登録日
2019/12/25
最新更新日
2019/12/25

基本情報

出願番号 特願2017-113630
出願日 2017/6/8
出願人 国立大学法人 筑波大学
公開番号 特開2018-206252
公開日 2018/12/27
発明の名称 画像処理システム、評価モデル構築方法、画像処理方法及びプログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 画像処理システム、評価モデル構築方法、画像処理方法及びプログラム
目的 精度良く線状の対象物を検出する画像処理システム、評価モデル構築方法、画像処理方法及びプログラムを提供することを目的としている。
効果 画像に含まれる線状の対象物を精度良く検出することができる。
技術概要
検出対象が含まれる学習用の画像から、複素モーメントフィルタにより二回対称点を特徴点として抽出する特徴点抽出部と、
前記抽出した特徴点を含む画像を二値化することにより検出対象の候補となる領域を抽出する候補領域抽出部と、
前記候補となる領域を含んだ画像を複数取得し、前記候補となる領域の特徴を学習した評価モデルを構築するモデル構築部と、
前記評価モデルに基づいて、評価対象の画像に含まれる線状の領域を特定する特定部と、
を備える画像処理システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT