肥料製造方法

開放特許情報番号
L2019002370
開放特許情報登録日
2019/12/25
最新更新日
2019/12/25

基本情報

出願番号 特願2008-322309
出願日 2008/12/18
出願人 住化エンビロサイエンス株式会社
公開番号 特開2010-143786
公開日 2010/7/1
登録番号 特許第5467765号
特許権者 住化エンバイロメンタルサイエンス株式会社
発明の名称 肥料製造方法
技術分野 化学・薬品、機械・加工、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 牛、豚、鶏等の家畜の糞尿を処理、あるいは乾燥、発酵によって有機肥料化するときに発生する高濃度のアンモニアを含有するガスを利用してリン酸水素二アンモニウムを製造する方法
目的 牛、豚、鶏等の畜舎やこれらの家畜から生じる糞尿を発酵、乾燥させることによって発生する高濃度のアンモニアを含有するガスを利用して、悪臭としてのアンモニアの拡散を防ぎ、肥料として利用できるリン酸水素二アンモニウムを製造する。
効果 高濃度のアンモニアを含有するガスを利用して液体肥料を製造する方法を適用することにより、畜舎または家畜から発生する、アンモニアを含有するガスを効果的に除去し、高濃度のリン酸水素二アンモニウムを含有する液体肥料を製造することが可能となる。
技術概要
牛糞、豚糞、鶏糞を発酵、乾燥させるときに発生するアンモニアを含有するガスを、20%以上60%以下のリン酸水溶液と接触させ、アンモニアを含有するガスを接触させたリン酸水溶液のpHを6以上8以下に調整することによりリン酸水素二アンモニウムを含有する肥料水溶液を得ることを特徴とする、アンモニアを含有するガスの処理方法(アンモニアを含有するガスを接触させたリン酸水溶液を加熱する方法は除く)。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 住化エンバイロメンタルサイエンス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT