表示装置及び空中像の表示方法

開放特許情報番号
L2019002321
開放特許情報登録日
2019/12/20
最新更新日
2019/12/20

基本情報

出願番号 特願2018-537413
出願日 2017/8/31
出願人 国立大学法人宇都宮大学
公開番号 WO2018/043673
公開日 2018/3/8
発明の名称 表示装置及び空中像の表示方法
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 表示装置及び空中像の表示方法
目的 偽像がユーザに殆ど観察されないようにすることができる表示装置及び空中像の表示方法を提供する。
効果 空中像の観察位置に照射される表面反射光を第一遮光部によって遮蔽することができる。したがって、偽像がユーザに殆ど観察されないようにすることができる。
技術概要
光源と、
前記光源から出射された第一出射光の少なくとも一部を第一反射光として表面反射させる光分岐部と、
前記第一反射光の少なくとも一部を再帰反射光として前記光分岐部に向けて再帰反射する第一再帰反射部と、
前記再帰反射光の観察位置に向けて前記第一再帰反射部によって反射された表面反射光を遮る第一遮光部と、
を備え、
前記光分岐部は、前記第一再帰反射部によって再帰反射された前記再帰反射光の少なくとも一部を透過させる表示装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 宇都宮大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT