疫病菌由来の核酸を増幅するためのプライマーセットおよび疫病菌の検出方法

開放特許情報番号
L2019002317
開放特許情報登録日
2019/12/20
最新更新日
2019/12/20

基本情報

出願番号 特願2019-014318
出願日 2019/1/30
出願人 国立大学法人宇都宮大学
登録番号 特許第6562586号
特許権者 国立大学法人宇都宮大学
発明の名称 疫病菌由来の核酸を増幅するためのプライマーセットおよび疫病菌の検出方法
技術分野 食品・バイオ
機能 検査・検出
適用製品 疫病菌由来の核酸を増幅するためのプライマーセットおよび疫病菌の検出方法
目的 疫病菌由来の核酸を増幅するためのプライマーセットを提供する。
効果 LAMP法によって疫病菌由来の核酸を増幅するための新規なプライマーセットが提供される。このプライマーセットを用いて、農産地で特に問題となる疫病菌である、Phytophthora nicotianaeおよびPhytophthora cactorumのいずれも高感度で検出することができる。
技術概要
LAMP法により、疫病菌由来の核酸を増幅するためのプライマーセットである1〜4個の変異を含むポリヌクレオチドからなるLBプライマーを含むプライマーセット。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 宇都宮大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT