波長変換器、及び量子通信システム

開放特許情報番号
L2019002303
開放特許情報登録日
2019/12/16
最新更新日
2019/12/16

基本情報

出願番号 特願2017-161074
出願日 2017/8/24
出願人 国立大学法人横浜国立大学
公開番号 特開2019-040022
公開日 2019/3/14
発明の名称 波長変換器、及び量子通信システム
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 波長変換器、及び量子通信システム
目的 量子中継において、もつれ光子の波長を、量子メモリーへ高い効率において吸収される波長へと変換することができる波長変換器、及び量子通信システムを提供する。
効果 量子中継において、もつれ光子の波長を、量子メモリーへ高い効率において吸収される波長へと変換することができる。
技術概要
量子中継に用いられる波長変換器であって、
量子通信の伝送路の減衰特性に応じた第1の周波数をもつ第1のもつれ光子と、量子メモリーの吸収波長帯に応じた第2の周波数及び前記第1の周波数の2つの周波数に応じた第3の周波数を前記量子メモリーの吸収波長帯に応じた狭線幅においてもつ光とが入射されると、前記第2の周波数をもつ第2のもつれ光子を出射する非線形媒質と、
前記第3の周波数をもつ光を発生させる波長変換励起レーザと、
前記第3の周波数を含む吸収波長帯をもつ気体が封入された気体セルと、
を備える波長変換器。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT