運動変換機構、歩行ロボット及び搬送機構

開放特許情報番号
L2019002291
開放特許情報登録日
2019/12/13
最新更新日
2019/12/13

基本情報

出願番号 特願2017-140369
出願日 2017/7/19
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2019-019932
公開日 2019/2/7
発明の名称 運動変換機構、歩行ロボット及び搬送機構
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 運動変換機構、歩行ロボット及び搬送機構
目的 入力を規則的な運動に変換する構造を有する装置の性能を向上させる。
効果 入力を規則的な運動に変換する構造を有する装置の性能を向上させることができる。
技術概要
外力の入力に応じて構成要素間の位置関係が変化するリンク機構と、
前記リンク機構に連結された揺動リンク部材と、
前記リンク機構が第1の状態から第2の状態に変化した場合に、前記揺動リンク部材を一方向に揺動させる運動量を発生させ、前記リンク機構が前記第1の状態から前記第2の状態に変化する場合以外では、前記揺動リンク部材の前記運動量を発生させない構造を有する揺動制御部材と、
を備えることを特徴とする運動変換機構。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT