立体表示装置、立体表示方法、および、立体表示プログラム

開放特許情報番号
L2019002287
開放特許情報登録日
2019/12/13
最新更新日
2019/12/13

基本情報

出願番号 特願2017-185517
出願日 2017/9/26
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2019-061058
公開日 2019/4/18
発明の名称 立体表示装置、立体表示方法、および、立体表示プログラム
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 立体表示装置、立体表示方法、および、立体表示プログラム
目的 裸眼で観察でき、収差の発生しない、立体表示装置、立体表示方法、および、立体表示プログラムを提供する。
効果 裸眼で観察でき、収差の発生しない、立体表示を行うので、大型化する場合であってもシームレスな立体表示を行うことができる。
技術概要
一面側の像を他面側の空間に結像させる結像光学素子と、
前記一面側において配置された、少なくとも右目用および左目用の複数の像を表示しうる透過型ディスプレイと、
さらに前記一面側において配置された、左右の目の位置に光学的に対応するように離隔しうる、複数の光源と、
を少なくとも備えたことにより、前記他面側において右目用および左目用に異なる像を切り替えて結像させて両眼視差を発生させることを特徴とする、立体表示装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT