YAGレーザーを用いた眼表面疾患の治療装置

開放特許情報番号
L2019002285
開放特許情報登録日
2019/12/13
最新更新日
2019/12/13

基本情報

出願番号 特願2017-202146
出願日 2017/10/18
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2019-072365
公開日 2019/5/16
発明の名称 YAGレーザーを用いた眼表面疾患の治療装置
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造
適用製品 眼表面疾患を治療するための装置及びその作動方法
目的 マイボーム腺機能不全、アレルギー性結膜炎、ドライアイ、アイペイン、LWE及び結膜弛緩からなる群より選択される少なくとも一種の疾患を治療するための新たな手段を提供する。
効果 マイボーム腺機能不全、アレルギー性結膜炎、ドライアイ、アイペイン、LWE及び結膜弛緩からなる群より選択される少なくとも一種の疾患を治療するための新たな手段が提供される。
技術概要
YAGレーザ光発生源及び該YAGレーザ光発生源により発生させたYAGレーザーを照射する照射部を備える、マイボーム腺機能不全、アレルギー性結膜炎、ドライアイ、アイペイン、LWE及び結膜弛緩からなる群より選択される少なくとも一種の疾患を治療するための装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT