肝実質細胞を検出又は選択する方法

開放特許情報番号
L2019002274
開放特許情報登録日
2019/12/13
最新更新日
2019/12/13

基本情報

出願番号 特願2018-056470
出願日 2018/3/23
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2019-165686
公開日 2019/10/3
発明の名称 肝実質細胞を検出又は選択する方法
技術分野 食品・バイオ、有機材料
機能 検査・検出
適用製品 肝実質細胞の選択方法
目的 肝実質細胞を高精度で検出することができる肝実質細胞の検出方法や、肝実質細胞を高純度、かつ、高収率で精製することができる肝実質細胞の選択方法や、肝実質細胞を高純度、かつ、高収率で精製することができる肝実質細胞の製造方法等を提供する。
効果 肝実質細胞を高精度で検出することができる肝実質細胞の検出方法や、肝実質細胞を高純度、かつ、高収率で精製することができる肝実質細胞の選択方法や、肝実質細胞を高純度、かつ、高収率で精製することができる肝実質細胞の製造方法等を提供することができる。
技術概要
肝実質細胞含有細胞混合物において、(a)細胞の相対的ミトコンドリア含有量及び/又は細胞の相対的ミトコンドリア膜電位、並びに、(b)細胞が、心筋細胞から肝実質細胞を区別し得る以下のマーカータンパク質群から選択される1種又は2種以上のマーカータンパク質に陽性であること、を指標として肝実質細胞を検出する方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT