空間光変調器

開放特許情報番号
L2019002268
開放特許情報登録日
2019/12/11
最新更新日
2020/1/20

基本情報

出願番号 特願2009-114082
出願日 2009/5/11
出願人 国立大学法人秋田大学、秋田県
公開番号 特開2010-262190
公開日 2010/11/18
登録番号 特許第5514970号
特許権者 秋田県
発明の名称 空間光変調器
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 磁気光学効果を使って光を変調する空間光変調器において、反強磁性結合を用いることで初期化操作を不要とする空間光変調器
目的 駆動方法が簡単で、かつ高速動作が可能であり、さらに微細化が可能な空間光変調器を提供する。
効果 反強磁性結合を有する2つの強磁性層を含む積層体によって光変調素子が構成され、磁界を印加しない状態では、前記2つの強磁性層の磁化の方向は互いに逆方向が安定となる。そのため、光変調素子の初期化操作が不要となり、応答速度が速く、微細加工が可能であり、しかも低消費電力でかつ簡単な駆動方式が提供できる。
技術概要
マトリックス状に配設された複数の光変調素子を備えた空間光変調器において、前記光変調素子が、第1の強磁性層、中間層、及び、第2の強磁性層をこの順番で積層した積層体により構成され、中間層を介して第1及び第2の強磁性層間に生じる反強磁性結合によって、初期化操作をせずに磁界がゼロの状態で、第1及び第2の強磁性層の磁化の方向が互いに反対の方向となり、第1及び第2の強磁性層のどちらか一方の磁化の方向を制御することによって光の偏光状態を変化させることを特徴とする、空間光変調器。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT