小径管の内側面仕上げ加工方法及び装置

開放特許情報番号
L2019002255
開放特許情報登録日
2019/12/11
最新更新日
2020/4/10

基本情報

出願番号 特願2005-277534
出願日 2005/9/26
出願人 秋田県
公開番号 特開2007-083369
公開日 2007/4/5
登録番号 特許第4464897号
特許権者 秋田県
発明の名称 小径管の内側面仕上げ加工方法及び装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 小径管の内側面仕上げ加工方法及び装置
目的 例えば燃料供給に用いられる小径管の内側面仕上げ加工技術に適用でき、その流体制御を容易とし、省エネルギーに貢献できるような小径管の内側面仕上げ加工方法を提案する。
効果 その内面を滑らかに仕上げることができ、燃料が停滞することなく搬送されるため、高精度な流体制御を容易とすることにより、省エネルギーに貢献できる。また、例えばクリーンルーム用高純度ガスの供給、分析機器に用いられる流体輸送(カラム又はキャピラー)に用いられる小径管に適用した場合には、その流体制御を容易とすることにより、高品質な製品供給に貢献できる。
技術概要
加工屑の排出能力の向上と粒子分散型誘電流体中の砥粒の転動を加速するために、10〜80度の傾斜角度に保持される小径管の内部に工具電極を内挿し、該工具電極と小径管との間に前記誘電流体を配置させるために、低周波交流高電圧を印加して前記誘電流体にクーロン力を作用させ、前記誘電流体中の砥粒の転動を加速するために小径管を長さ方向に繰り返し摺動させつつ回動させ、この小径管とは0.1mm/s以上の相対速度差にて工具電極を小径管の長さ方向に繰り返し摺動させ、工具電極の表面にて転動する砥粒により小径管内面を研磨仕上げすることを特徴とする小径管の内側面仕上げ加工方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT