エネルギー分散測定装置

開放特許情報番号
L2019002247
開放特許情報登録日
2019/12/9
最新更新日
2019/12/9

基本情報

出願番号 特願2018-037617
出願日 2018/3/2
出願人 国立大学法人千葉大学
公開番号 特開2019-153452
公開日 2019/9/12
発明の名称 エネルギー分散測定装置
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 エネルギー分散測定装置
目的 有機半導体などの分子性固体の伝導帯(空準位)のバンド分散を測定することができるエネルギー分散測定装置を提供する。
効果 LEIPSの高分解能・低試料損傷というメリットをそのままに角度分解測定を可能にするものである。これにより、有機半導体の空準位のバンド分散測定を、試料損傷を伴わずに高精度に行うことができる。
技術概要
0eVから5eVの範囲内で運動エネルギーを変化させた電子線を出射する電子源と、前記電子源から出射した電子線が照射された試料から出射した光について、光のエネルギー選別装置によりエネルギーを選別して前記光の強度を測定する光検出器と、前記光検出器により測定した光の強度に基づいて前記試料のエネルギー分散に関する情報を算出するエネルギー分散算出部を備え、前記試料を回転させられるものとしたことを特徴とするエネルギー分散測定装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT