撮像システム、撮像方法

開放特許情報番号
L2019002236
開放特許情報登録日
2019/12/6
最新更新日
2019/12/6

基本情報

出願番号 特願2017-152604
出願日 2017/8/7
出願人 国立大学法人 筑波大学
公開番号 特開2019-032660
公開日 2019/2/28
発明の名称 撮像システム、撮像方法
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 多視点からの映像を安価かつ簡便に実現する撮像システム、撮像方法
目的 カメラを大規模な撮像対象空間に配置することによって、カメラ配置が比較的疎となる場合にも、カメラパラメータを高精度でキャリブレーションすることができる撮像システム、撮像方法を提供する。
効果 カメラキャリブレーションすることができ、3次元空間中の撮像対象物の高品位3次元情報を安価かつ簡便に推定ことが可能となる。
技術概要
複数の2次元映像を撮像するカメラにより3次元空間中の撮像対象物を撮像する第1撮像部と、
前記複数のカメラの近傍に位置するカメラとほぼ同方向を向いた状態で対象物を撮像する第2撮像部と、
前記第2撮像部により撮像された補完映像と、前記第1撮像部により撮像された映像とに基づいて、多視点から撮像された画像群を取得する取得部と、
前記取得部により取得された前記画像群に対して弱校正を適用することにより、前記多視点から撮像された画像の射影変換行列を推定する推定部と、
前記推定部により推定された射影変換行列から、前記第1撮像部のカメラパラメータの高精度推定を実行するキャリブレーション部と、を備える、
撮像システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT