昇温ホルダおよびプローブ顕微鏡

開放特許情報番号
L2019002225
開放特許情報登録日
2019/12/6
最新更新日
2019/12/6

基本情報

出願番号 特願2016-233494
出願日 2016/11/30
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 特開2018-091666
公開日 2018/6/14
発明の名称 昇温ホルダおよびプローブ顕微鏡
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 プローブ顕微鏡において、観測試料を昇温するための昇温ホルダ
目的 試料を一定の温度で安定して昇温することができる昇温ホルダおよびプローブ顕微鏡を提供する。
効果 試料を一定の温度で安定して昇温することができる昇温ホルダおよびプローブ顕微鏡を提供することができる。
技術概要
溶液中で試料を計測するための前記溶液を昇温する昇温ホルダであって、
前記溶液を保持する穴部を有する溶液保持部と、
前記溶液保持部の片面に設けられ、前記穴部の底面を構成する透明部材と、
前記透明部材の前記溶液保持部が配置された側と反対側の面に設けられた電極とを備え、
前記電極に電流を流すことにより前記穴部に保持される前記溶液を昇温する
昇温ホルダ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT