洞内細胞培養法及びそれに用いるキット

開放特許情報番号
L2019002216
開放特許情報登録日
2019/12/4
最新更新日
2019/12/4

基本情報

出願番号 特願2017-133943
出願日 2017/7/7
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 特開2019-013192
公開日 2019/1/31
発明の名称 洞内細胞培養法及びそれに用いるキット
技術分野 食品・バイオ
機能 検査・検出、材料・素材の製造
適用製品 細胞の培養法
目的 細胞集団として3次元的に培養ができる細胞培養法の提供。
効果 洞内で3次元的に細胞が増殖するため、人工的、機械的な増殖阻害は全く認められず長期間の細胞培養及び増殖が可能であり、その結果として細胞の多層構造形成、3次元的な基底膜形成、立体的な形態形成が誘導可能である。
細胞競合等を含めたがん細胞浸潤機構、発がん機構、がん幹細胞維持機構の解明に有効である。
技術概要
ゲル内に洞を形成するステップと、
前記洞内に細胞を播種し培養するステップとを有することを特徴とする洞内細胞培養法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT