腫瘍治療組成物

開放特許情報番号
L2019002215
開放特許情報登録日
2019/12/4
最新更新日
2019/12/4

基本情報

出願番号 特願2017-149468
出願日 2017/8/1
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 特開2019-026611
公開日 2019/2/21
発明の名称 腫瘍治療組成物
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 腫瘍治療組成物
目的 各化合物ライブラリーから、単剤又はテモゾロミドとの併用で、脳腫瘍に関連する細胞株に対して増殖抑制効果を有する化合物を特定して、該化合物を含む脳腫瘍治療組成物を提供した。
効果 脳腫瘍に関連する細胞株に対しての増殖抑制効果を有する。
技術概要
有効成分であるフルオロパルミチン酸を、有効成分であるテモゾロミドと組み合わせたことを特徴とする腫瘍治療組成物。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT