B型肝炎ウイルス(HBV)増殖阻害剤のスクリーニング方法

開放特許情報番号
L2019002214
開放特許情報登録日
2019/12/4
最新更新日
2019/12/4

基本情報

出願番号 特願2017-152717
出願日 2017/8/7
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 特開2019-030242
公開日 2019/2/28
発明の名称 B型肝炎ウイルス(HBV)増殖阻害剤のスクリーニング方法
技術分野 食品・バイオ、情報・通信
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 B型肝炎ウイルス(HBV)増殖阻害剤のスクリーニング方法
目的 従来のB型肝炎治療剤とは異なるメカニズムで治療効果を有する薬剤の提供。
効果 HBVの複製・増殖において必須の段階であるcccDNAの形成を阻害し、従ってB型肝炎の新たな治療薬となり得る薬剤をin vitroで簡便にスクリーニングすることができる。
技術概要
B型肝炎ウイルス(HBV)の増殖を阻害する候補物質のスクリーニングのためのアッセイ方法であって、
HBVの弛緩型環状DNA(rcDNA)のr配列を含む基質を、フラップエンドヌクレアーゼ1(FEN1)と共にインキュベートするステップ、及び
r配列の切断を検出するステップ
を含み、上記のインキュベートするステップを該候補物質の存在下又は不存在下で実施する、上記方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT