回折環計測装置

開放特許情報番号
L2019002212
開放特許情報登録日
2019/12/4
最新更新日
2019/12/4

基本情報

出願番号 特願2017-159396
出願日 2017/8/22
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 特開2019-039681
公開日 2019/3/14
発明の名称 回折環計測装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 計測対象物にX線等のビームを照射して形成された回折環を計測し、応力等の各種材料特性を計測、解析する装置
目的 計測精度が高く、計測装置のコストダウンに有効な回折環計測装置の提供する。
効果 撮像された全周の回折環画像に基づいて材料の応力等を解析することができるので、小さなサイズの固体撮像素子を1つ又は2つ以上用いて行うことができ、従来の回折環全体を大きなイメージセンサーで撮像するのと比較して、装置の小型化やコストダウンを図るのに有効である。ロボット等を用いて回転の他に、平行,直交,斜め,入射角の回転等の制御をすると、各種データ解析手法を用いて解析することができる。
技術概要
計測対象部に向けてX線等のビームを照射する照射部と、
前記照射されたビームにて形成された回折環を部分的又は全部を撮像する固体撮像素子と、
前記固体撮像素子を位置制御可能に支持する支持部とを備えたことを特徴とする回折環計測装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT