抗腫瘍剤

開放特許情報番号
L2019002201
開放特許情報登録日
2019/12/4
最新更新日
2019/12/4

基本情報

出願番号 特願2018-017207
出願日 2018/2/2
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 特開2019-131528
公開日 2019/8/8
発明の名称 抗腫瘍剤
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 乳癌の治療に用いられる抗腫瘍剤
目的 各種の癌や肉腫、とりわけエストロゲン受容体(ER)、プロゲステロン受容体(PR)及びヒト上皮成長因子受容体2(HER2)に陰性であるトリプルネガティブ乳癌のようなヒト乳癌に対して強い増殖抑制作用を有し治療効果が高く、予後が良く、安全な治療薬として有用な抗腫瘍剤を提供する。
効果 この抗腫瘍剤は、伝承薬から得られたパルビフロロン類又はそれの誘導体であり、標的細胞に選択的に攻撃できるもので、副作用が少なく安全な治療薬として有用である。
技術概要
 
アビエタン骨格を有するアビエタンジテルペン類を含有することを特徴とする抗腫瘍剤。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT