行動分析支援システム及び行動分析支援プログラム

開放特許情報番号
L2019002189
開放特許情報登録日
2019/12/2
最新更新日
2019/12/2

基本情報

出願番号 特願2008-305080
出願日 2008/11/28
出願人 国立大学法人お茶の水女子大学
公開番号 特開2010-129146
公開日 2010/6/10
登録番号 特許第5098976号
特許権者 国立大学法人お茶の水女子大学
発明の名称 行動分析支援システム及び行動分析支援プログラム
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 行動分析支援システム及び行動分析支援プログラム
目的 容易な操作で行動分析に要する時間を短縮する行動分析ツールとして機能する行動分析支援システム及び行動分析支援プログラムを提供する。
効果 ユーザの操作に応じて所定の動体の動画データを取得し、取得中の画像における任意の位置に対してユーザによる付加情報の入力を受け付け、その入力された付記情報を前記位置を示す位置情報とともに付加情報として画像に対応付け、取得された複数の動画データのサムネイル画像を一覧表示し、各サムネイル画像では付加情報とともに再生画像が表示されることにより、容易な操作で行動分析に要する時間を短縮する行動分析ツールとして機能する行動分析支援システム等を提供することができる。
技術概要
所定の動体の動画データを取得する動画取得部と、
前記動画取得部によって取得された動画データを記憶する画像記憶部と、
複数のサムネイル画像が一覧表示されるサムネイル表示領域と、所定の動画データの再生画像が表示される再生表示領域とを有する画像表示部と、
前記動画取得部によって取得される動画データに関する処理を制御する制御部と、
ユーザの操作に対応した操作信号を前記制御部へ送る操作入力部と、
を備えた行動分析支援システムである行動分析支援システム。
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT