紫外線照射量情報評価装置および紫外線照射量情報評価方法

開放特許情報番号
L2019002186
開放特許情報登録日
2019/12/2
最新更新日
2019/12/2

基本情報

出願番号 特願2015-061207
出願日 2015/3/24
出願人 国立大学法人お茶の水女子大学
公開番号 特開2016-179445
公開日 2016/10/13
登録番号 特許第6397362号
特許権者 国立大学法人お茶の水女子大学
発明の名称 紫外線照射量情報評価装置および紫外線照射量情報評価方法
技術分野 化学・薬品、食品・バイオ
機能 機械・部品の製造
適用製品 通水式紫外線処理装置
目的 通水式紫外線処理装置に関し、推定された紫外線照射量分布情報の妥当性を高い精度で評価する、紫外線照射量情報評価装置および紫外線照射量情報評価方法を提供する。
効果 通水式紫外線処理装置に関し、推定された紫外線照射量分布情報の妥当性を高い精度で評価することが可能になる。
技術概要
紫外線照射により浄水する通水式紫外線処理装置で、処理対象水に紫外線照射を行った際の、前記通水式紫外線処理装置内における紫外線照射量分布の推定情報を取得する照射量分布推定情報取得部と、
所定の複数種類の微生物それぞれの不活化速度定数と、前記照射量分布推定情報取得部で取得された紫外線照射量分布情報の推定情報とから、前記通水式紫外線処理装置で、前記複数種類の微生物をそれぞれ含む複数の試料水ごとに紫外線照射を行った際の、前記通水式紫外線処理装置における平均的な、前記微生物の種類ごとの不活化率の推定値を算出する不活化率推定値算出部と、
前記通水式紫外線処理装置に前記複数の試料水をそれぞれ通水させたときの、前記微生物の種類ごとの不活化率の実測値を取得する不活化率実測値取得部と、
前記複数の微生物すべての種類に関し、取得された不活化率の推定値と実測値とが予め設定された範囲内にあり近似しているか否かにより、前記照射量分布推定情報取得部で取得された紫外線照射量分布情報の推定情報の妥当性を評価した評価情報を生成する妥当性評価部と
を備えることを特徴とする紫外線照射量情報評価装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT