シート材の弾性調整方法、フォースセンサ、及びシート材

開放特許情報番号
L2019002185
開放特許情報登録日
2019/12/2
最新更新日
2019/12/2

基本情報

出願番号 特願2018-512101
出願日 2017/4/14
出願人 国立大学法人お茶の水女子大学
公開番号 WO2017/179716
公開日 2017/10/19
発明の名称 シート材の弾性調整方法、フォースセンサ、及びシート材
技術分野 情報・通信、食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 シート材の弾性調整方法とフォースセンサ、及びシート材
目的 簡易な数式に基づいて任意のシート状素材の弾性率を制御する手法と、所望の弾性率に調整された切り込みシートの応用例を提供する。
効果 簡単な方法で任意のシート材の弾性率を調整、制御することができる。
技術概要
シート素材を準備し、
前記シート素材に、面内変形が保たれる初期変形領域に適用される関係式
K1=(α/2N)×E×d↑3h/w↑3、または
E1=α(d/w)↑4×E
に基づいて、第1の方向への幅がw、第1の方向と直交する第2の方向への配列ピッチがd、前記第2の方向への繰り返しユニット数がNである互い違いの切り紙構造の切り込みを形成し、ここで、K1は剛さ定数、Eは前記シート素材の構成材料の切り込み前のヤング率、hは前記シート素材の厚さ、αは数値係数であり、
前記w、d、及びNの値を選択することで剛さ定数K1またはヤング率E1を目標値に調整する、
ことを特徴とする弾性調整方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT