低磁化率ジルコニウム合金

開放特許情報番号
L2019002178
開放特許情報登録日
2019/12/2
最新更新日
2019/12/2

基本情報

出願番号 特願2018-026651
出願日 2018/2/19
出願人 国立大学法人 筑波大学
公開番号 特開2019-143180
公開日 2019/8/29
発明の名称 低磁化率ジルコニウム合金
技術分野 金属材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 低磁化率ジルコニウム合金に関し、特に、2%以上の回復ひずみ、いわゆる超弾性を有する低磁化率ジルコニウム合金
目的 磁化率が低く超弾性を有する生体用金属材料を提供する。
効果 磁化率が低く超弾性を有する生体用金属材料を提供することができる。
技術概要
ニオブと、
アルミニウムと、
残部のジルコニウムと、
不可避的不純物と、
からなり、
ニオブの割合をアトミックパーセントでxとし、アルミニウムの割合をアトミックパーセントでyとした場合に、
7≦x≦10.5、
6≦y≦11、
25≦2x+y≦27、
を満たすことを特徴とする低磁化率ジルコニウム合金。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT