電極、参照電極、イオン電極、イオンセンサー

開放特許情報番号
L2019002172
開放特許情報登録日
2019/12/2
最新更新日
2019/12/2

基本情報

出願番号 特願2018-053502
出願日 2018/3/20
出願人 国立大学法人 筑波大学
公開番号 特開2019-164103
公開日 2019/9/26
発明の名称 電極、参照電極、イオン電極、イオンセンサー
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 電極、参照電極、イオン電極およびイオンセンサー
目的 測定対象物が非常に小さい場合であっても、局所的にイオン濃度を測定することができる電極、参照電極およびイオン電極、並びに、これらを備えたイオンセンサーを提供する。
効果 測定対象物が非常に小さい場合であっても、局所的にイオン濃度を測定することができる電極、参照電極およびイオン電極、並びに、これらを備えたイオンセンサーを提供することができる。
技術概要
ポリイミド基材と、
前記ポリイミド基材の一面に設けられ、前記ポリイミド基材の一面の長手方向における一端部に加工領域を有し、他端部にコンタクトパッドを有する銀層と、
前記銀層の前記ポリイミド基材と接する面とは反対側の面における前記加工領域および前記コンタクトパッド以外の領域に設けられた絶縁層と、を備え、
前記加工領域が塩化銀を含む銀/塩化銀層であることを特徴とする電極。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT