金属含有ゼオライト複合体、およびその触媒、ならびに2−ピロリドンの製造方法

開放特許情報番号
L2019002167
開放特許情報登録日
2019/11/28
最新更新日
2021/8/31

基本情報

出願番号 特願2020-016783
出願日 2020/2/4
出願人 国立大学法人鳥取大学
公開番号 特開2021-024772
公開日 2021/2/22
発明の名称 金属含有ゼオライト複合体、およびその触媒、ならびに2−ピロリドンの製造方法
技術分野 化学・薬品、無機材料、機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 金属を含有するゼオライト複合体、およびその触媒、ならびに、その金属含有ゼオライト複合体を用いた2−ピロリドンの製造方法
目的 新規な金属含有ゼオライト複合体、およびその触媒、ならびにその金属含有ゼオライト複合体の製造方法を提供する。また、2−ピロリドンを簡便に効率よく製造する方法を提供する。
効果 新規な金属含有ゼオライト複合体、およびその触媒を提供することができる。また、2−ピロリドンを簡便に効率よく製造することができる。
技術概要
周期表で第8族〜第11族に分類される金属と、MFI型ゼオライトおよびYFI型ゼオライトから選ばれるゼオライトとを含み、
前記MFI型ゼオライトに含まれるSiおよびAlの組成比が、シリカとアルミナに換算したモル比(SiO↓2/Al↓2O↓3)として、10〜250であり、
前記YFI型ゼオライトに含まれるSiおよびAlの組成比が、シリカとアルミナに換算したモル比(SiO↓2/Al↓2O↓3)として、18〜700である、金属含有ゼオライト複合体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT