グアニジル化ポリエチレングリコールグラフトキトサン及びそれを含む医薬用キャリア

開放特許情報番号
L2019002165
開放特許情報登録日
2019/11/28
最新更新日
2020/12/17

基本情報

出願番号 特願2019-084140
出願日 2019/4/25
出願人 国立大学法人鳥取大学
公開番号 特開2020-180225
公開日 2020/11/5
発明の名称 グアニジル化ポリエチレングリコールグラフトキトサン及びそれを含む医薬用キャリア
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 グアニジル化ポリエチレングリコールグラフトキトサン、それを含む医薬用キャリア、その医薬用キャリアと医薬との複合体、及びその複合体を用いる医薬導入方法等
目的 優れた生体適合性と優れた医薬の分散性を有し、医薬用キャリアとして優れる新たな化合物を提供する。
効果 生体適合性に優れ、医薬の分散性に優れる。よって、それを含む医薬用キャリアとして使用することができ、医薬と複合体を形成可能であり、その複合体を用いる医薬導入方法に好適に使用することができる。
技術概要
下記式(I)で示される、グアニジル化ポリエチレングリコールグラフトキトサン。
式(I):
【化1】

[ただし、式(I)中、
p、q、r及びsは、式(I)の化合物中に各繰り返し単位が存する割合を意味し、p+q+r+s=100、pは0以上60以下、qは0以上60以下、rは1以上50以下、sは1以上99以下であり、
式(I)の化合物のMnは1000以上であり、
Aは、−(C↓aH↓(2a))−、−(C↓bH↓(2b))−CO−、−CO−(C↓cH↓(2c))−CO−、又は−CO−(C↓dH↓(2d−2))−CO−、であり、aは1以上6以下、bは0以上8以下、cは0以上8以下、dは2以上6以下であり、
Zは、H、CH↓3、C↓2H↓5、又はC↓3H↓7であり、
xは、3〜2000である。]
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT