2,4−ジアミノフェノール誘導体、及び、タウ及び/又はアミロイドβの凝集阻害剤

開放特許情報番号
L2019002125
開放特許情報登録日
2019/11/25
最新更新日
2019/11/25

基本情報

出願番号 特願2018-505849
出願日 2017/3/8
出願人 学校法人同志社
公開番号 WO2017/159484
公開日 2017/9/21
発明の名称 2,4−ジアミノフェノール誘導体、及び、タウ及び/又はアミロイドβの凝集阻害剤
技術分野 有機材料、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 2,4ージアミノフェノール誘導体、並びに、神経脱落及びシナプス消失の原因となるタウ凝集体及び/又は老人斑等の原因となるアミロイドβ(以下、Aβと表記する。)の凝集体の形成を阻害する凝集阻害剤
目的 2,4-ジアミノフェノール誘導体、及び、細胞内のタウ及び/又はAβの凝集を十分に阻害できるタウ及び/又はAβの凝集阻害剤を提供する。
効果 細胞内のタウ凝集を十分に阻害できる。そのため、有効な治療法のなかったADをはじめとするタウオパチーに罹患した患者を救済し、高齢化社会を迎える現在において、高齢者の生活向上、介護負担軽減、医療費の削減等により多くの社会的貢献が可能となる。
技術概要
下記式からなる化合物又はその塩である。

この化合物は、タウオパチー及び/又はAβの凝集に起因するアミロイドーシスの治療、診断、症状の軽減及び予防に使用される。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人同志社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT