アンモニウム塩の合成法および合成したアンモニウム塩に多糖類を含有した組成物

開放特許情報番号
L2019002107
開放特許情報登録日
2019/11/22
最新更新日
2019/11/22

基本情報

出願番号 特願2013-148262
出願日 2013/7/17
出願人 福井県
公開番号 特開2015-020954
公開日 2015/2/2
登録番号 特許第6295495号
特許権者 福井県
発明の名称 アンモニウム塩の合成法および合成したアンモニウム塩に多糖類を含有した組成物
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 アンモニウム塩の短時間製造法およびアンモニウム塩とセルロース、キチン等の多糖類を含有した新たな組成物
目的 第四級アンモニウム塩を含むアンモニウム塩をこれまで知られた例より短時間で作る合成法を提供すること、アンモニウム塩とセルロースやキチン等の多糖類を含有した新たな組成物を提供する。
効果 第四級アンモニウム塩を含むアンモニウム塩をこれまで報告されている合成方法に比べて、20〜200分の1の時間、同じ転化率で合成することができる。
技術概要
 
ピリジンとベンジルクロライドのみを125℃以上の加熱のみで化学反応させる1−ベンジルピリジニウムクロライドの合成方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT