視点位置用要素画像生成装置およびそのプログラム、ならびに、インテグラル立体シミュレーションシステム

開放特許情報番号
L2019002070
開放特許情報登録日
2019/11/20
最新更新日
2019/11/20

基本情報

出願番号 特願2015-109716
出願日 2015/5/29
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2016-224656
公開日 2016/12/28
登録番号 特許第6543096号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 視点位置用要素画像生成装置およびそのプログラム、ならびに、インテグラル立体シミュレーションシステム
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 インテグラル立体をシミュレーションするための視点位置用要素画像生成装置およびそのプログラム
目的 観察者の視点位置に対応する部分的な要素画像を生成して使用するメモリ量を抑え、インテグラル立体像をシミュレーションすることが可能な視点位置用要素画像生成装置およびそのプログラム、ならびに、インテグラル立体シミュレーションシステムを提供する。
効果 観察者の視点位置に対応する部分的な要素画像のみを生成するため、すべての要素画像を生成する場合に比べ、高速に、かつ、メモリ使用量を抑えて、立体像を表示するために必要な要素画像を生成することができる。
技術概要
インテグラル立体方式のシミュレーション対象となる対象表示装置が表示する立体像を他の表示装置でシミュレーションするために、観察者の視点位置に対応して前記立体像を表示する部分的な要素画像である視点位置用要素画像を生成する視点位置用要素画像生成装置である視点位置用要素画像生成装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT