平行グリッパ式把持装置及びその制御方法

開放特許情報番号
L2019002012
開放特許情報登録日
2019/12/18
最新更新日
2019/12/18

基本情報

出願番号 特願2015-042185
出願日 2015/3/4
出願人 国立大学法人東京工業大学
公開番号 特開2016-159411
公開日 2016/9/5
登録番号 特許第6487721号
特許権者 国立大学法人東京工業大学
発明の名称 平行グリッパ式把持装置及びその制御方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 平行グリッパ式把持装置及びその制御方法
目的 高速駆動可能な平行グリッパ式把持装置及びその制御方法を提供する。
効果 第1、第2のモータによる駆動は、ウォームギアを介さずに、送りねじを介して第1、第2のグリッパに伝播するので、高速駆動が可能となる。また、ウォームギアと左右対称に結合された2つの送りねじとの組合せを不要とするので、製造コストを低減できる。さらに、トグル機構は両方向に把持力を発揮するので、グリッパの把持力を大きくできる。
技術概要
主台座と、
前記主台座上に移動可能に設けられ、第1、第2の突起を有する第1の台座と、
前記主台座上に移動可能に設けられ、前記各第2、第1の突起に対応した第3、第4の突起を有する第2の台座と、
前記第1の台座に嵌め込められた第1の送りねじと、
前記第2の台座に嵌め込められた第2の送りねじと、
前記第1の送りねじに第1のナットを介して取付けられた第1のグリッパと、
前記第2の送りねじに第2のナットを介して取付けられた第2のグリッパと、
前記第1、第2の送りねじを同時に駆動して前記第1、第2のグリッパを対称的に移動させるための第1のモータと、
前記第1、第2の突起間かつ前記第3、第4の突起間の前記主台座上に移動可能に設けられた第3の台座と、
前記第3の台座上に設けられた第2のモータと、
前記第2のモータによって駆動され前記第1、第3の突起間距離または前記第2、第4の突起間距離を拡張するためのトグル機構と
を具備する平行グリッパ式把持装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT