コールドスプレー法並びに摺動性物品及び人工骨等

開放特許情報番号
L2019002000
開放特許情報登録日
2019/12/9
最新更新日
2019/12/9

基本情報

出願番号 特願2018-017315
出願日 2018/2/2
出願人 国立大学法人東京工業大学
公開番号 特開2019-131878
公開日 2019/8/8
発明の名称 コールドスプレー法並びに摺動性物品及び人工骨等
技術分野 金属材料、食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 新規なコールドスプレー法並びに摺動性物品及び人工骨
目的 コールドスプレー法でセラミック材料を含みながら所望の厚さに堆積する技術を提供すること、またその新規な技術を用いて、セラミック系摺動性被膜を有する摺動性物品やハイドロキシアパタイトとチタン系金属との複合材料からなる人工骨や人工歯などの応用を提供する。
効果 コールドスプレー法においてセラミック材料を含む堆積を厚く形成できる効果があり、またその応用としてセラミック被膜を有する摺動性物品や、ハイドロキシアアパタイトとチタン系との複合材料からなる人工骨や人工歯などを提供することができる効果がある。
技術概要
塑性材料の粒子表面にセラミックがコーティングされた粉末を、コールドスプレーして、基材上に膜を形成するか、又は成形体を形成することを特徴とする物品の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT