3D重畳(設計製造物診断)技術

開放特許情報番号
L2019001967 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2019/11/8
最新更新日
2020/3/18

基本情報

出願番号 特願2015-218318
出願日 2015/11/6
出願人 富士通株式会社
公開番号 特開2017-091078
公開日 2017/5/25
登録番号 特許第6661980号
特許権者 富士通株式会社
発明の名称 重畳表示方法、重畳表示装置、及び重畳表示プログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 重畳表示方法、重畳表示装置、及び重畳表示プログラム
目的 立体構造物とモデル情報が表すモデルとを比較する確認作業を効率化する。
効果 立体構造物とモデル情報が表すモデルとを比較する確認作業を効率化することができる。
技術概要
撮像装置により立体構造物を撮像した撮像画像から抽出されたエッジ線と、前記立体構造物のモデル情報が表すモデル画像に含まれる稜線とを、選択可能な状態で表示し、
重ね合わせる対象のエッジ線と稜線とを示す選択指示を受け付け、
前記選択指示に応じて、前記重ね合わせる対象の前記エッジ線と前記稜線とが重なるように前記モデル画像を前記撮像画像に重畳した重畳画像を表示する、
処理をコンピュータが実行することを特徴とする重畳表示方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 富士通株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT