ハンズフリー音声翻訳端末【COVID対策支援宣言特許】

開放特許情報番号
L2019001965 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2019/11/8
最新更新日
2020/5/29

基本情報

出願番号 特願2016-224568
出願日 2016/11/17
出願人 富士通株式会社
公開番号 特開2018-081239
公開日 2018/5/24
発明の名称 音声処理方法、音声処理装置、及び音声処理プログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 音声処理方法、音声処理装置、及び音声処理プログラム
目的 音声データにおける発話開始位置を正しく設定する。
効果 音声データにおける発話開始位置を正しく設定することが可能となる。
技術概要
コンピュータが、
複数のマイクロフォンにより同時に収音された複数の音声データから所定の条件に従って発話を検知したときに、前記所定の条件に基づいて、前記音声データにおける前記発話を検知した位置から過去に遡って前記発話の開始位置を設定し、
前記複数の音声データのそれぞれにおける前記発話の開始位置から前記発話を検知した位置までの特性差に基づいて、前記複数のマイクロフォンから見た発話者の方向を識別し、
識別した前記発話者の方向に基づいて、前記複数の音声データのいずれかにおける前記発話の開始位置以降の発話区間を抽出する、
処理を実行することを特徴とする音声処理方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 【COVID対策支援宣言特許とは】
・新型コロナウイルス感染症のまん延終結を目的とした開発、製造、販売などの行為に対し、国内外で保有する知的財産権の権利行使を行わないと宣言した企業の特許のこと
・権利行使を行わない期間は、原則として世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス感染症まん延の終結宣言を行うまで
※一部の権利者は開放期間などに制限を加えたり、使用前の通知を条件に無償開放しています。開放特許の使用前に、必ず、以下のHPの「宣言者」ページから宣言者名をクリックして宣言書の内容をご確認ください。

詳細は以下のHPをご参照ください。
知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言

https://www.gckyoto.com/covid19

登録者情報

登録者名称 富士通株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT