粉砕植物原料を用いた圧縮成型技術

開放特許情報番号
L2019001956 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2019/11/8
最新更新日
2019/11/8

基本情報

出願番号 特願2012-000428
出願日 2007/5/30
出願人 富士通株式会社
公開番号 特開2012-061868
公開日 2012/3/29
登録番号 特許第5633521号
特許権者 富士通株式会社
発明の名称 圧縮成型品の製造方法
技術分野 機械・加工
機能 材料・素材の製造、加圧・減圧
適用製品 木又は竹等の植物の粉砕物を用いた圧縮成型品及びその製造方法
目的 石油系樹脂を使用しない、又は石油系樹脂の使用量が少なくてすみ、機械強度が高く、電子機器の筐体に好適な植物材料を用いた圧縮成型品の製造方法を提供する。
効果 石油系の接着剤等を含有せず、廃棄後は自然に戻り、環境を破壊することがない。また、軽量であるとともに機械的強度が高く、寸法精度も良好である。
技術概要
植物を粉砕して植物粉砕物を得る工程と、
前記植物粉砕物に圧力を加えて仮成型体とする第1の加圧成型工程と、
前記第1の加圧成型工程の後に、前記仮成型体の表面に難燃剤を含浸させる難燃剤含浸工程と、
前記難燃剤含浸工程の後に、前記仮成型体を、加熱しながら圧力を加え、前記植物粉砕物由来の接着成分を析出させる第2の加圧成型工程と
を有することを特徴とする圧縮成型品の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 富士通株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT