高強度な植物性プラスチック

開放特許情報番号
L2019001955 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2019/11/8
最新更新日
2019/11/8

基本情報

出願番号 特願2007-507951
出願日 2005/3/11
出願人 富士通株式会社
公開番号 WO2006/097979
公開日 2006/9/21
登録番号 特許第4616334号
特許権者 富士通株式会社
発明の名称 植物性樹脂組成物及び植物性樹脂成形体
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 植物性樹脂組成物とそれを用いた植物性樹脂成形体
目的 ポリ乳酸と熱可塑性樹脂とがミクロにかつ均一に混合され、耐衝撃性及び耐熱性が高い植物性樹脂組成物及びそれを用いた植物性樹脂成形体を提供する。
効果 耐衝撃性及び耐熱性の高い植物性樹脂組成物及びそれを用いた植物性樹脂成形体を提供でき、植物性樹脂組成物から形成したノートパソコン、携帯電話等を代表とする電子機器用筐体の耐衝撃性と耐熱性を向上させることができる。
技術概要
ポリ乳酸と、ポリカーボネート−ABS樹脂アロイと、相溶化剤とを含む植物性樹脂組成物であって、
前記相溶化剤は、アルキルメタクリレートをモノマー成分とする高分子材料であり、
前記相溶化剤の重量平均分子量は、95万以上410万以下であることを特徴とする植物性樹脂組成物。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 富士通株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT