水質浄化方法

開放特許情報番号
L2019001952
開放特許情報登録日
2019/11/6
最新更新日
2019/11/6

基本情報

出願番号 特願2019-019502
出願日 2019/2/6
出願人 学校法人 龍谷大学
公開番号 特開2019-162614
公開日 2019/9/26
発明の名称 水質浄化方法
技術分野 化学・薬品、機械・加工
機能 検査・検出、材料・素材の製造
適用製品 水質浄化方法
目的 高い比表面積を有すると共に当該比表面積を制御可能な炭素材を用いた水質浄化方法であって、浄化効率及び適用自由度の高い水質浄化方法を提供する。
効果 高い比表面積を有すると共に当該比表面積を制御可能な炭素材を用いた水質浄化方法であって、浄化効率及び適用自由度の高い水質浄化方法を提供することができる。
技術概要
炭素材を有する水質浄化材を汚濁水に浸漬させる水質浄化方法であって、
前記炭素材は、平均長さ及び平均直径がそれぞれ100〜3000μm及び5〜15μmである炭素短繊維のみから構成され、前記炭素短繊維同士が三次元的に絡み合った炭素繊維三次元構造体であること、
を特徴とする水質浄化方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人龍谷大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT