新規細菌及びそれを用いた植物の製造方法

開放特許情報番号
L2019001909
開放特許情報登録日
2019/10/28
最新更新日
2019/10/28

基本情報

出願番号 特願2018-036681
出願日 2018/3/1
出願人 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2019-149958
公開日 2019/9/12
発明の名称 新規細菌及びそれを用いた植物の製造方法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 新規細菌、植物の製造方法、及び植物の発芽を促進する方法
目的 植物のストレス、特には塩ストレス、温度ストレス又は乾燥ストレスに対する耐性を向上させる効果に優れた細菌を探索する。
効果 配列番号1、2、3および4で示される塩基配列と90%以上の同一性を有する塩基配列をゲノムDNAに含む新規細菌を植物に接触させることにより、ストレス、特には塩ストレス、温度ストレス又は乾燥ストレスに対する耐性が向上した植物が得られる。また、細菌を種子に接触させることにより、発芽が促進される。
技術概要
シュードモナス属に属する細菌であって、配列番号1、2、3および4で示される塩基配列と、それぞれ90%以上の同一性を有する塩基配列をゲノムDNAに含む、細菌。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT