感覚提示装置

開放特許情報番号
L2019001903
開放特許情報登録日
2019/10/25
最新更新日
2019/10/25

基本情報

出願番号 特願2015-095632
出願日 2015/5/8
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2016-213667
公開日 2016/12/15
登録番号 特許第6523038号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 感覚提示装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 感覚提示装置
目的 コンテンツの内容に対応させて適切な感覚情報の提示を行う感覚提示装置を提供する。
効果 コンテンツの内容に対応させて適切な感覚情報の提示を行うことができる。
技術概要
取得したコンテンツに対応させて触覚情報を含む感覚情報をユーザに提示する感覚提示装置において、
前記コンテンツに対応する映像情報と、音声情報と、振動情報とを、前記コンテンツに含まれる各被写体に対応付けて時系列情報と共に記憶する記憶部と、
前記コンテンツを視聴するユーザの状態から得られる情報を取得するユーザ情報取得部と、
前記ユーザによる所定の操作から情報を取得するデバイス情報取得部と、
前記ユーザ情報取得部と前記デバイス情報取得部とにより得られる情報に基づいて前記コンテンツに含まれる各被写体の中から、所定の被写体を選択し、選択した該被写体に対する感覚情報の制御を行う制御部と、
前記制御部により選択された前記被写体に対応する前記映像情報と、前記音声情報と、前記振動情報とを前記記憶部から取得し、取得したそれぞれの情報を合成する合成部と、
前記合成部により合成された情報を前記ユーザに提示する提示部とを有し、
前記制御部は、
前記音声情報が提示できない場合に、前記音声情報を振動情報に変換し、変換した該振動情報を提示させることを特徴とする感覚提示装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT