復号装置、受信機、無線伝送システムおよび誤り検出方法

開放特許情報番号
L2019001902
開放特許情報登録日
2019/10/25
最新更新日
2019/10/25

基本情報

出願番号 特願2015-093312
出願日 2015/4/30
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2016-213561
公開日 2016/12/15
登録番号 特許第6549889号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 復号装置、受信機、無線伝送システムおよび誤り検出方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 復号装置、受信機、無線伝送システムおよび誤り検出方法
目的 通信性能の劣化を抑制しつつ、復号後の信号に誤りが含まれるか否かを検出することができる復号装置、受信機、無線伝送システムおよび誤り検出方法を提供する。
効果 情報の伝送レートや誤り訂正能力を劣化させることなく、復号後の信号に誤りが含まれるか否かを検出することができる。
技術概要
デジタル信号に対する誤り訂正として畳み込み符号化が行われた信号が入力され、入力信号に対して復号を行い、復号後の信号を出力する復号装置であって、
前記入力信号に対して軟判定ビタビ復号を行う軟判定ビタビ復号部と、
前記入力信号に対して硬判定ビタビ復号を行う硬判定ビタビ復号部と、
前記軟判定ビタビ復号部の復号結果と前記硬判定ビタビ復号部の復号結果とが一致するか否かに基づき、前記復号装置の出力信号に誤りが含まれるか否かを示す第1の誤り検出情報を出力する復号結果比較部と、
を備えることを特徴とする復号装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT